埼玉川越総合地方卸売市場
埼玉県南西部地域の食を預かる総合卸売市場

出店者募集

交通の利便性高く、生鮮食料品の安定的な供給を担う川越市場では、出店者様、土地利用者様を募集中です。

川越市場の大きな優位点!!

  1. 首都近郊においては、青果・水産両卸売業者が入場する数少ない地方総合卸売市場として、県南西部の流通圏域人口約95万人を対象に安定的な食糧を供給しています。
  2. 東京ドームが4つも入る約6万坪の広大な敷地に、卸売業者・仲卸売業者・関連事業者のみならず食品加工工場などの施設も配し、物流センター的要素も兼ね備えた市場として機能強化を図っています。
  3. 関越自動車道川越インターから車で8分の至近距離にあり、主要幹線道路の国道16号線にも接続する極めて交通至便な立地にあります。
  4. 一般のお客様をも対象とした毎週土曜日の市場開放市や各種イベントの開催、女子栄養大学との産学連携による食育事業など、積極的に開かれた市場を目指して運営を行っています。

●下記によりお問い合わせください。

    出店者区分
    青果水産関連土地利用

    見学の申込

    【埼玉川越総合地方卸売市場の見学について】

    見学を御希望の方は、川越総合卸売市場㈱まで御連絡のうえ、「見学申請書」にてお申し込み下さい。
    見学申請書
    「見学申請書」のダウンロードはこちらから

    「せりの見学」につきましては、安全上の問題及び衛生上等の理由により、お受けできませんので御了承願います。
    なお、見学可能時間は、市場営業日の午前8時30分~午後5時までです。
    市場のお店を見学されたい方は、午前の早い時間(8時30分~10時30分)に予定をしてください。
    午後の見学は、市場店舗は閉店となることから、市場施設等のみになります。

    【お客様感謝市】

    毎週土曜日は川越市場の開放日《9:00~12:00開催》

    平成18年3月より開始した『鮮度いちばん!!お客様感謝市』は、一般の方を対象とした市場開放デー。
    野菜・果物・お魚・お肉・総合食品など、豊富な品数と新鮮な食材を取り揃え、お客様をお待ちしています。
    お買い物とあわせて、市場の活気と雰囲気をお楽しみください。

    また、「わがまま丼」でお馴染の食堂「花いち」、場外レストランの「マーケット テラス」などでお食事もできます。
    開放日限定にて、鮮魚を三枚に下ろすなどのサービスを「鮮魚さばき処」で行っています。各店舗でお会計を済ませ、ご利用ください。